« 15th クリスマスコンサート | トップページ | 16th クリスマスコンサート »

2023/12/18

生徒さんの声 2022

発表会の準備をしていたら、昨年の生徒さんの声をアップしてないことに気づきまして(最低)
せっかくいただいた、貴重なご意見。アップせねばっ。

ごめんなさい、みなさま。だいすきです。。あ、この謝り方、次男っぽい。ずるい感じ。
GooglとかPTNAの先生紹介にもご意見いただけるとうれしいなぁ。

 

(Tさま)
幼い子にもわかるよう、わかる言葉で、ていねいに、深く教えてくださいます。
いつもいつもとても感謝しております。

(Kさま)
娘が小さい時からお世話になっておりますが、とても熱心にご指導くださいます。先生ご自身も指導力向上のために学び続けておられ、努力を続けることの大切さ、一生を通して音楽と向き合うことの尊さにふれる事ができると思います。

(Nさま)
音階、ソルフェージュ、ツェルニーなど一般につまらないと思われている基礎練習が生き生きと弾けるようになります。

(Kさま)
とても熱心に教えてくださる先生です。
曲の背景まで良く教えてくださいますし、こどもをよく誉めてくださいます。

(Mさま)
習い始めて間もないですが、音が鳴ればいいのではなく、歌い方や感情表現まで丁寧に教えてくださるのでとても感謝しております。

(匿名希望)
分かりやすい表現でとても丁寧にご指導くださり、娘は毎回のレッスンをとても楽しんでいます。
音楽の楽しさを教えてくださり、感謝しております。

(Mさま)
親はピアノド素人で、本人の希望に任せ、始めたり辞めたりで中途半端な付き合い方で来てしまっていたところ、「本当にちゃんとやりたい」という本人意思と、親としてもさすがにやるならそろそろ…というタイミングで先生に出会い、たった5ヶ月で(あくまで本人比)大きく成長できたように思います。感謝しております。

 

私がお教室のウリだと思っていることは、あまりご意見としては無いので…ニーズとずれているのかしらね。
でも大事よね。。。


・聴音、ソルフェージュ、楽典をきちんと積み重ねるようにしています。中学生とかだと試験にでるしっ。
24調を早い段階で意識させて、音名をイタリア語、ドイツ語、日本語を使うことで、和音記号やコードネームに抵抗がなくなり、将来的にクラシックでもポップスでも応用がきくように意識しています。

・発表会の時にご家族にできるだけアンサンブル参加をしていただいています。

・コンクールなどを望む方には精一杯ちからになれるようにしていますが、ステージを希望されない方には年1回の発表会以外は勧めていません。指導者としての成績に繋がらないので、正直どうなのかしらとは思うけれど、指導者としてのあるべき姿と考えた時、自分の成績重視になってしまうと、端々にその弊害が出てきてしまうと思うので。

 

みなさま、貴重なご意見、そして日々支えていただき本当に感謝しております。
みんなとレッスンをすることで、私が元気をいただいています。いつもありがとうございます。

|

« 15th クリスマスコンサート | トップページ | 16th クリスマスコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 15th クリスマスコンサート | トップページ | 16th クリスマスコンサート »