« 2023年12月 | トップページ

2024/07/01

電子ピアノについて3

半年前にwww お店に並んでいたのは以下。価格昇順。

Dsc_7478

KAWAI NOVUS NV5S  677600円

Hさんは、ご家族で試弾に行かれて、これとYAMAHAと迷われていた状況でした。
25万違うからね…そりゃ、え。ってなります。
その25万の価値が本当にあるのかって、私は価値があると思いました。
電子ピアノは電化製品なわけで。炊飯器や冷蔵庫と同じく耐用年数が10年として、1年25000円。安いくらい。
具体的には弱い音を弾いた時の反応と音質、やわらかい音を弾きたい時の反応、強弱や盛り上げの変化に対する反応が違うと思いました。
あっぱれ。ちなみに、コンサートホールで弾いた音、ウッドスタジオで弾いた音、普通のお部屋で弾いた音などなど、変えることができて、それがまたリアルで、本番前にHさん宅に練習に行きたいと思ったくらいw

Dsc_7479

YAMAHA AVANTGRAND NU1X 422400円

このYAMAHAと先ほどのKAWAIの上位2機種を弾いて、本当に電子ピアノにも未来と可能性が詰まっているんだなと。これなら生徒さんにおススメできると思った次第です。
スタインウェイがどうしてあんなにチヤホヤされるかって、弾き手に応えてくれる反応の良さ、弾き手が想像している以上の個性を返してくれる所だと私は思っているのだけど、電子ピアノなのに(失礼)反応をしてくれるという驚きをこの2台は持っていると思いました。
ちなみに、こちらはショパンピアノ(プレイエルってことよね)、リストのピアノ、ベートーヴェンのピアノ…という風に時代の遍歴と共に変わっていったピアノの音色を楽しむことができて、これまたどなたか買ってほしいなあと思ってますw弾きたい。

 

Dsc_7480

CASIO GP-1000 462000円 ベヒシュタインの音を採用しているとか

Dsc_7481

これもKAWAI SCA901 418000円

 

Dsc_7482

Roland LX706G 258199円

これ!!!この価格でハイブリッドピアノを出しているRolandさんの心意気!!!
ズバーン(心臓を撃ち抜かれる音)。そして反応も悪くなかったのです!
がんばっている。がんばり過ぎているっ。ほら!普通の電子ピアノを買うならこっちにして!!!

 

ちょっと、本当にそろそろタイムリミット・・・また出直しますってホントに?
試弾させていただいて、この10年くらいの企業努力を目の当たりにして、本当に勉強になったし楽しかった。
島村新宿PePe店さま、各メーカーの方々、Hさん、本当にありがとうございます。

ピアノ界の未来が明るい気がしました。

| | コメント (0)

電子ピアノについて2

ピアノを買おうかな、買い替えようかなと思ったときに気になるアレコレについては、もう色々なすばらしいサイトやらがあるので
これ、勝手にリンク貼っていいのかな…ごめんなさい、もしマナー的に許されない感じだったら教えてください。

【2024年春 最新】失敗しない『本物のピアノタッチに近い電子ピアノ』選び方をピアノインストラクターが教えます|おススメ電子ピアノを徹底解説|島村楽器 イオンモール千葉ニュータウン店 (shimamura.co.jp)

ここらへんとか、YouTubeとかにも比較動画が沢山ありますのでそちらを。
ちなみに勧めておいてなんですが、私はちらっとしか読んでいません…
あくまで、私はクラシックのピアノの先生としての角度でこの記事を書いてます。
前述の、生徒のお母様がかなり色々調べてくださって、問い合わせて、そして島村楽器の新宿PePe店さんなら、迷っているメーカー全部並んでいるらしいと、私が同行した次第です。

メーカーさんの本店などに伺って、弾いてみて…また別のメーカーさんに行って弾いて…って場所も響きも自分の耳の状態も違うところで比較しても全然わからないので。
別の日とかになったら、もう決めては印象と外見ぐらいになっちゃう。ズバッとコレにする!と決まるのであれば、それも良いのだと思います。
でも、同時に色々比較できるという点で、大き目の楽器店さんは本当にありがたい。

 

私のおすすめは、ハイブリッドピアノと呼ばれている電子ピアノです。

要は、アコースティックピアノのハンマーアクションがついてる電子ピアノ。
タッチの微妙な差を音にしてくれて、強弱や残響もかなり良い線いっている。遊べる要素もいっぱい。

各社出していて、価格帯も色々なのだけど、いやね。ホント、普通の電子ピアノに比べたら断然こっち!
カリモクとコラボとかめちゃめちゃ魅かれたりするけど、でもこっち!!!
前述の…Hさんいわく、鍵盤内のセンサーが多いんじゃないかなぁと言っていたけれど…それでこんなに変わるの⁈とびっくり。

ちなみに。
こいつの言うことなんて関係ねーや、ハイブリッドじゃなくて普通の電子ピアノならどこがいいの?って言われたら
私は 鍵盤の重さ的にRolandさんだと思っています。

でも、それでも私のレッスン室に来るとちゃんと音を出せる生徒さんはあまりいらっしゃらないかも…。
全然音が出ない生徒さんも中にはいるし、無理に力が入ってしまったり、音が抜けてしまったり。。
まあ、それは生ピアノで軽い鍵盤を使っている人にも言えるので…生だからすべて解決って話でもないのだけど

お安めのハイブリッドピアノなら、普通の電子ピアノとあまり変わらない値段…
絶対こっち。もうちょっとピアノの先生たち、ハイブリッドピアノ推していきましょー
そして10年後はハイブリッドピアノ以外は電子ピアノじゃないぐらいな価値観になっていたらいいなぁと。

調律師さんから、グランドピアノの部品を作る工房が無くなっちゃったら、修理もできないと聞いて、
なんだか生ピアノが贅沢品になっていって、一般家庭にあまり置けなくなっていくんじゃないかって危機感すら感じてしまうのだけれど
ハイブリッドピアノなら、目指している方向が生ピアノなことが分かるし、ある程度の強弱、音色の変化が可能なのを体験して、大きな可能性を感じました。
普通の電子ピアノだと、目指している方向がシンセサイザー(古い?)とかエレクトーンとか、打ち込み系のDTM??…よくわかってなくてごめんなさいね…そっちに向かうことが悪いって言ってるんじゃなくて。そっちに寄って行く=クラシックの良さがますます伝わらないという話で。

はあ。。。まだ具体的な商品名も上がっていないwww
無駄話が過ぎてすみません。

 

| | コメント (0)

電子ピアノについて1

広告でほぼほぼ画面が埋まっているがな…
あまりにブログやインスタを更新しないものだから、心配してくれる生徒さん…ありがたう、ありがたう。

 

ピアノの先生なので、なにがおススメですかと聞かれれば、もちろんグランドピアノがいいです。そりゃそうです。
発表会やコンクール、サロンだってホールだって人前で弾く時に、聴いている人に伝わる音を出したいなら、それ相応のピアノで練習しないで身につくはずないです。ただでさえ本番は違うピアノで弾くという避けて通れない悪条件があるんだし。ふつうは。

でもね、私だってスタインウェイが置けるわけでもない、フルコンを所有できるわけでもない…上を求めればキリがないわけで。
まして都内在住の生徒さんたちに、生のピアノを置いてくださいなんて、言えないわけです。

じゃあ、一番マシなのはどれなの?って答えをみんな求めているのに、あまりに情報不足だなと思っていまして。
私もこれまで電子ピアノをちゃんと比較したことなかったのですが…生徒さんのお母様で情報リテラシーがキレッキレの知的でとても素敵な方がいまして。
お引越しにともなって、お子さんのタッチをもう少し良い音にしたい、でも生ピアノを置くのはどうしても難しいという条件のもと、電子ピアノの選定に同行させていただきました。

あ、ごめんなさいね、これ2024年1月の話です。。。電子製品はサイクルが早いので、少し事情は違っていると思いますが、大きな流れはあと5~6年は少なくとも変わらないのではないか。希望を言えばあと10年でこれが主流になってくれればなぁと思います。

とにかく驚いたのは、企業努力ですよっっっ
日本の企業は、こんなにも色々と試行錯誤をしながら良いものを作ろうとしているという気概を感じて、感動して。
楽器を作っていらっしゃる方、売っている方(今回は島村楽器新宿PePe店にお伺いしましたよ…これ、無断で書いていいのかしら)に感謝だなあと…すぐに記事にしなきゃだったのに、どうしてこんなにも時間が経っているのかしら…

思ったより長くなってしまうので、パートにわけて書こう。
こんな前置きも感想もいらないわっ、理由がなんであれ答だけ知りたいんじゃいという方は次の記事へどうぞ。
ええ?ほんとに??どういう観点、価値観でそれがおススメと言えるのか分からなかったら買えなくない??いいけどさ。

まずは大前提として。

コンサートグランドグランドアップライト>電子ピアノ>キーボード>>ピアニカ

このぐらいの感覚です。
注:対レスナーです。演奏家や‥どこからが専門家というかは曖昧すぎるけど‥専門の方は話が別です。
グランドとアップライトは、個体によると思うけれど、言うほど大きい差ではない。
むしろグランドは置く部屋だったり、響きのほうがアンバランスになるとタチが悪いなと。
楽器の大きさと部屋のバランスはもっと気をつけたほうが良いです。すっごく良いピアノが置く環境によって台無しも多いなと感じるので。

卓上キーボードと電子ピアノには、ピアニカとキーボードくらいの差があると認識してください。
私のお教室で、卓上キーボードでやってますと言ったら、お願いだからそれはできる限り早く買い替え検討してくださいと言います。

ピアニカ、キーボード(ここでは卓上を指すと思ってください。足のないやつ。鍵盤も少ない)は鍵盤の幅が違いますね。
階段の幅が違ったら、あれ?って思って一瞬ヒヤッとしたりするじゃない。
こんなところから書いてたら終わらないわwww


とにかく半年前に店舗に行って、これは良いなと思ったものだけでもUPする!!

| | コメント (0)

« 2023年12月 | トップページ