2024/07/01

電子ピアノについて3

半年前にwww お店に並んでいたのは以下。価格昇順。

Dsc_7478

KAWAI NOVUS NV5S  677600円

Hさんは、ご家族で試弾に行かれて、これとYAMAHAと迷われていた状況でした。
25万違うからね…そりゃ、え。ってなります。
その25万の価値が本当にあるのかって、私は価値があると思いました。
電子ピアノは電化製品なわけで。炊飯器や冷蔵庫と同じく耐用年数が10年として、1年25000円。安いくらい。
具体的には弱い音を弾いた時の反応と音質、やわらかい音を弾きたい時の反応、強弱や盛り上げの変化に対する反応が違うと思いました。
あっぱれ。ちなみに、コンサートホールで弾いた音、ウッドスタジオで弾いた音、普通のお部屋で弾いた音などなど、変えることができて、それがまたリアルで、本番前にHさん宅に練習に行きたいと思ったくらいw

Dsc_7479

YAMAHA AVANTGRAND NU1X 422400円

このYAMAHAと先ほどのKAWAIの上位2機種を弾いて、本当に電子ピアノにも未来と可能性が詰まっているんだなと。これなら生徒さんにおススメできると思った次第です。
スタインウェイがどうしてあんなにチヤホヤされるかって、弾き手に応えてくれる反応の良さ、弾き手が想像している以上の個性を返してくれる所だと私は思っているのだけど、電子ピアノなのに(失礼)反応をしてくれるという驚きをこの2台は持っていると思いました。
ちなみに、こちらはショパンピアノ(プレイエルってことよね)、リストのピアノ、ベートーヴェンのピアノ…という風に時代の遍歴と共に変わっていったピアノの音色を楽しむことができて、これまたどなたか買ってほしいなあと思ってますw弾きたい。

 

Dsc_7480

CASIO GP-1000 462000円 ベヒシュタインの音を採用しているとか

Dsc_7481

これもKAWAI SCA901 418000円

 

Dsc_7482

Roland LX706G 258199円

これ!!!この価格でハイブリッドピアノを出しているRolandさんの心意気!!!
ズバーン(心臓を撃ち抜かれる音)。そして反応も悪くなかったのです!
がんばっている。がんばり過ぎているっ。ほら!普通の電子ピアノを買うならこっちにして!!!

 

ちょっと、本当にそろそろタイムリミット・・・また出直しますってホントに?
試弾させていただいて、この10年くらいの企業努力を目の当たりにして、本当に勉強になったし楽しかった。
島村新宿PePe店さま、各メーカーの方々、Hさん、本当にありがとうございます。

ピアノ界の未来が明るい気がしました。

| | コメント (0)

電子ピアノについて2

ピアノを買おうかな、買い替えようかなと思ったときに気になるアレコレについては、もう色々なすばらしいサイトやらがあるので
これ、勝手にリンク貼っていいのかな…ごめんなさい、もしマナー的に許されない感じだったら教えてください。

【2024年春 最新】失敗しない『本物のピアノタッチに近い電子ピアノ』選び方をピアノインストラクターが教えます|おススメ電子ピアノを徹底解説|島村楽器 イオンモール千葉ニュータウン店 (shimamura.co.jp)

ここらへんとか、YouTubeとかにも比較動画が沢山ありますのでそちらを。
ちなみに勧めておいてなんですが、私はちらっとしか読んでいません…
あくまで、私はクラシックのピアノの先生としての角度でこの記事を書いてます。
前述の、生徒のお母様がかなり色々調べてくださって、問い合わせて、そして島村楽器の新宿PePe店さんなら、迷っているメーカー全部並んでいるらしいと、私が同行した次第です。

メーカーさんの本店などに伺って、弾いてみて…また別のメーカーさんに行って弾いて…って場所も響きも自分の耳の状態も違うところで比較しても全然わからないので。
別の日とかになったら、もう決めては印象と外見ぐらいになっちゃう。ズバッとコレにする!と決まるのであれば、それも良いのだと思います。
でも、同時に色々比較できるという点で、大き目の楽器店さんは本当にありがたい。

 

私のおすすめは、ハイブリッドピアノと呼ばれている電子ピアノです。

要は、アコースティックピアノのハンマーアクションがついてる電子ピアノ。
タッチの微妙な差を音にしてくれて、強弱や残響もかなり良い線いっている。遊べる要素もいっぱい。

各社出していて、価格帯も色々なのだけど、いやね。ホント、普通の電子ピアノに比べたら断然こっち!
カリモクとコラボとかめちゃめちゃ魅かれたりするけど、でもこっち!!!
前述の…Hさんいわく、鍵盤内のセンサーが多いんじゃないかなぁと言っていたけれど…それでこんなに変わるの⁈とびっくり。

ちなみに。
こいつの言うことなんて関係ねーや、ハイブリッドじゃなくて普通の電子ピアノならどこがいいの?って言われたら
私は 鍵盤の重さ的にRolandさんだと思っています。

でも、それでも私のレッスン室に来るとちゃんと音を出せる生徒さんはあまりいらっしゃらないかも…。
全然音が出ない生徒さんも中にはいるし、無理に力が入ってしまったり、音が抜けてしまったり。。
まあ、それは生ピアノで軽い鍵盤を使っている人にも言えるので…生だからすべて解決って話でもないのだけど

お安めのハイブリッドピアノなら、普通の電子ピアノとあまり変わらない値段…
絶対こっち。もうちょっとピアノの先生たち、ハイブリッドピアノ推していきましょー
そして10年後はハイブリッドピアノ以外は電子ピアノじゃないぐらいな価値観になっていたらいいなぁと。

調律師さんから、グランドピアノの部品を作る工房が無くなっちゃったら、修理もできないと聞いて、
なんだか生ピアノが贅沢品になっていって、一般家庭にあまり置けなくなっていくんじゃないかって危機感すら感じてしまうのだけれど
ハイブリッドピアノなら、目指している方向が生ピアノなことが分かるし、ある程度の強弱、音色の変化が可能なのを体験して、大きな可能性を感じました。
普通の電子ピアノだと、目指している方向がシンセサイザー(古い?)とかエレクトーンとか、打ち込み系のDTM??…よくわかってなくてごめんなさいね…そっちに向かうことが悪いって言ってるんじゃなくて。そっちに寄って行く=クラシックの良さがますます伝わらないという話で。

はあ。。。まだ具体的な商品名も上がっていないwww
無駄話が過ぎてすみません。

 

| | コメント (0)

電子ピアノについて1

広告でほぼほぼ画面が埋まっているがな…
あまりにブログやインスタを更新しないものだから、心配してくれる生徒さん…ありがたう、ありがたう。

 

ピアノの先生なので、なにがおススメですかと聞かれれば、もちろんグランドピアノがいいです。そりゃそうです。
発表会やコンクール、サロンだってホールだって人前で弾く時に、聴いている人に伝わる音を出したいなら、それ相応のピアノで練習しないで身につくはずないです。ただでさえ本番は違うピアノで弾くという避けて通れない悪条件があるんだし。ふつうは。

でもね、私だってスタインウェイが置けるわけでもない、フルコンを所有できるわけでもない…上を求めればキリがないわけで。
まして都内在住の生徒さんたちに、生のピアノを置いてくださいなんて、言えないわけです。

じゃあ、一番マシなのはどれなの?って答えをみんな求めているのに、あまりに情報不足だなと思っていまして。
私もこれまで電子ピアノをちゃんと比較したことなかったのですが…生徒さんのお母様で情報リテラシーがキレッキレの知的でとても素敵な方がいまして。
お引越しにともなって、お子さんのタッチをもう少し良い音にしたい、でも生ピアノを置くのはどうしても難しいという条件のもと、電子ピアノの選定に同行させていただきました。

あ、ごめんなさいね、これ2024年1月の話です。。。電子製品はサイクルが早いので、少し事情は違っていると思いますが、大きな流れはあと5~6年は少なくとも変わらないのではないか。希望を言えばあと10年でこれが主流になってくれればなぁと思います。

とにかく驚いたのは、企業努力ですよっっっ
日本の企業は、こんなにも色々と試行錯誤をしながら良いものを作ろうとしているという気概を感じて、感動して。
楽器を作っていらっしゃる方、売っている方(今回は島村楽器新宿PePe店にお伺いしましたよ…これ、無断で書いていいのかしら)に感謝だなあと…すぐに記事にしなきゃだったのに、どうしてこんなにも時間が経っているのかしら…

思ったより長くなってしまうので、パートにわけて書こう。
こんな前置きも感想もいらないわっ、理由がなんであれ答だけ知りたいんじゃいという方は次の記事へどうぞ。
ええ?ほんとに??どういう観点、価値観でそれがおススメと言えるのか分からなかったら買えなくない??いいけどさ。

まずは大前提として。

コンサートグランドグランドアップライト>電子ピアノ>キーボード>>ピアニカ

このぐらいの感覚です。
注:対レスナーです。演奏家や‥どこからが専門家というかは曖昧すぎるけど‥専門の方は話が別です。
グランドとアップライトは、個体によると思うけれど、言うほど大きい差ではない。
むしろグランドは置く部屋だったり、響きのほうがアンバランスになるとタチが悪いなと。
楽器の大きさと部屋のバランスはもっと気をつけたほうが良いです。すっごく良いピアノが置く環境によって台無しも多いなと感じるので。

卓上キーボードと電子ピアノには、ピアニカとキーボードくらいの差があると認識してください。
私のお教室で、卓上キーボードでやってますと言ったら、お願いだからそれはできる限り早く買い替え検討してくださいと言います。

ピアニカ、キーボード(ここでは卓上を指すと思ってください。足のないやつ。鍵盤も少ない)は鍵盤の幅が違いますね。
階段の幅が違ったら、あれ?って思って一瞬ヒヤッとしたりするじゃない。
こんなところから書いてたら終わらないわwww


とにかく半年前に店舗に行って、これは良いなと思ったものだけでもUPする!!

| | コメント (0)

2021/12/15

Instagram

・・・更新が滞ってもはや開き直っているこのブログですが、
やはり更新に時間を要することもあり、今の生活では定期的にアップする事に限界があり
開き直っているはずなのに、後ろめたさだけはいつもあるというのはよろしくない。ということで

この度、Instagramをちょこちょこ始めることにいたしました。 
はめ込みがよくわからない。yae.piano で探してみてください、そのうちはめ込みたいと思います。←そういうとこ!

YouTubeもやりたいやりたいと思いつつ、曲の仕上がり以前に録音レベルや環境、調律などが気になって
公開するのはなかなかハードルが高いのもあるので、Instagramで気軽にできたらな。と妄想しております。
(妄想に終わらせないように、ちゃんと発表会翌日に調律をいれました。来年の目標と言わず年末から‼)


お教室、指導者の人となりを知っていただく入り口として残してはいきたいと思っております。
まあ、なんというか…おおっぴらに更新しないよ宣言とでも言いましょうか。
無理なんだもん。今何時よ。文字打ってないで練習しなきゃなのに。
明日はお弁当は作らんでいいけど、燃えるゴミの日で、朝ごはん…とか考え始めてイライラしちゃうから。
時代の流れな気もします。

2006年から15年あまり(!)やはりブログ経由で入会くださる生徒さんは、
(私の一側面しか見えていない?であろうにも関わらず)なんとなく始めから意思疎通がしやすいといいますか
同じ方向を見てレッスンをしていける気もしています。

これからも、レッスンを軸に演奏に磨きをかけ…育児に髪を振り乱し、家事に追い立てられながら…
頑張ってまいりたいと思っております。なにとぞ。
そろそろどれかのワラジがちぎれそうだよ!ヨレヨレだよ!! もう破綻している疑惑は演奏なんだよなぁ(泣)がむばる。四十路超えて初ラヴェル

83e6014766cf4aa7852f0e06f662f585

| | コメント (0)

2021/07/05

ピアノの蓋のストッパー

指導歴が…24年ほどになるのですが   数えてビックリ、いつの間に!

先日、初めて生徒さんの指があわや…となりまして。

今までバタンとならなかったわけではないのですが、反射神経の良さに救われ本当に運が良かっただけだと痛感しまして、蓋のストッパーを導入する事にしました。(今さらか!)

 

懸念事項は、おそらく両面テープで固定しなくてはいけないという事だったのですが…そもそもグランドピアノ対応のストッパーがかなり少ない気がします…安全には変えられないとポチッとしようとしていた所。

 

生徒さんのお母様が、神✨でして、『コティール』という、とってもシンプルな商品見つけて下さいました。

https://ishida-piano.com/blog/20201218-1153/

群馬県の石田ピアノ調律プロモーションさんで、サイズを確認して送ってくださいます。

0aeccb8535d94c3f88e6817942af383f


モニター価格にして下さったので、SNSに縁遠い&影響力など皆無だのに…という申し訳無さから、半年ぶりのブログも更新しちゃう有り様です。

取り外しがネジを緩めなくてもできる上に、ウチのピアノでは譜面台の溝の幅ちょうどなので、取り外さなくても譜面台をスライドできました。

そして何よりしっかり固定してくれています。迷っている方がいらっしゃったら、これは本当におススメです。

 

ここ最近のお教室事情と言えば

コンクールを受ける方がいらっしゃり、空きが出たはずなのに補講レッスンでいつもよりギュウギュウという…ワンマン教室の哀しいところ…もう少ししたら落ち着くかと思います。

このご時勢でUPも告知もしませんでしたが、お教室の発表会なども出来る限り通常運転で行っています。(会場が運営中止となり時期が少しズレてしまったり、予定していた講師演奏が思うようにできなかったりはしましたが…)

進学やご都合に伴って、レッスンが減ったり、新しい方がいらしたり…いつも通りと言えばいつも通り…ただ、この1年半弱でオンラインレッスンの可能性が増えた事で、以前より生徒さん一人一人のライフスタイルに合ったレッスンがこちらも提案しやすくなったかなと感じています。

そもそも、そんなにゆる〜いお教室ではない(気がする。キツイわけではないハズ…ダケド)自覚はあって、そうでありたいとも思っていて。でも柔軟さが無くなる事でピアノの継続が難しくなるのであれば、それは本望ではなく。

私個人の理想はそのまま人参のように目の前にぶら下げておいて…でも、もっとゆるやかに、生徒さんが続けやすいレッスンが広げられるといいなあと思っています。

| | コメント (0)

2020/11/04

2020 霜月

ブログ管理会社から、
「オマエさん、半年未更新だよ。そりゃねーだろーよ…このまま更新しないと追加も編集もできなくなるよ」
とメールをいただきました。お知らせどうも。親切なんですね。

…新学期が始まって以来でしょうか、更新されなくなったのは。←いつもだろ!
ブログという形態は、まだ生き残っているのかと疑問もあるのですが。なんとなく、SNSが好きではなく。

この9か月で、何が変わったかというのが、人によってものすごく違うとは思うのですが
私は、家族が在宅勤務となり助かる部分(主にこどもの世話関係、施錠&宅配受取等)と
そうでない部分(家事が増えた&進まない…三食準備??掃除機も好きな時間にかけられない等々)がもちろんあり

元々、子育て中というのはひとりの時間が無いものだと思うのですが、尚更、とにかくひとりの時間が足りな過ぎる気はします。

ありがたい事に、おそらくこじんまりとしたピアノ指導主体であれば、影響を受けたことというのは少なくて
オンラインのあれやこれやはあれど、同じ速度で運転が続けられているという事に感謝です。
演奏主体であったり、ピアノ以外の楽器、合唱などはやはり大きく舵を切らなければならない事も多いかと思います。

 

そういえば…先日、駐輪場で難儀していた長男に、手伝おうかと問うたところ
「大丈夫なわけねーだろっ。話しかけんなっ」と言われました。

小1で?

中1くらいかと思ってました、そういう台詞。
まあ…彼にしては半分冗談だったのかもしれませんけど。
これ、親の顔が見てみたいって意味で、ここに書くこと自体、間違ってる気がしますね。
生徒さん、来なくなる気がしますね。まあ、いいか。今さら…

え。もちろんネチネチ次の日まで謝罪を要求しましたよ。絶対許すもんか。

 

F76a47ad66dc44c39f1b52d66ec701f8

| | コメント (0)

2020/05/02

初夏

2~3週間、ブログを書いてないわ…まずいわ…と思ってPCを開いてみたら

!!!1ヵ月半も書いていないではないかっっっ!!!

 

軽く浦島太郎気分です。。大方の世の中の兼業主婦の方と同じひと月を・・・

3食作り、カオスのような家の中を片付け、丸投げされている家庭学習につきっきりで向き合い(…全てをあきらめ、怒っていない事に価値を見出す日も…親も子もツライですね。みんなエライ)、今まで頼っていたシッターさんもファミサポも両親もいないので、私のオンラインレッスン中は両親とビデオ通話をしてもらい、もたなくなったらテレビ万歳です。

こどもの運動系の習い事が、軒並みお休みの中、英語だけはオンラインレッスンに切り替えとなり、これが良い刺激になっているなと

改めて、ピアノレッスンのオンラインもそんな役割が果たせているといいな…と思っています。
いま、ピアノレッスンがお休みという方はどのぐらいいらっしゃるのでしょうか。

大学に限らず、中高、そして巷の大手お教室もお休み中の中、
どうにかそんな方と生徒さんを繋ぐアプリとかあったらいいのになと。

ようやく飲食関係ではそんな、顧客とお店を繋ぐアプリが出ているから・・・音楽業界も9月まで長引いたりしたらそういったマッチングアプリも出てくるのでしょうか。。

 

5月限定でもよろしければ、オンラインレッスンをされていないお教室の代打もできるかもしれないのにな・・と
チラッと思ったり、いやいやこれ以上仕事を増やすのはやめておいたほうがと思ったり。
まとまりなく失礼しましたー

 

591ef09c6a5242b3a2b654e10e339144

| | コメント (0)

2020/03/16

終雪…かしら

ホワイトデーに雪が…結構降ってびっくりしましたね。

春になって最後に降る雪のことを、名残雪(なごりゆき)、忘れ雪(わすれゆき)、雪の果て(ゆきのはて)、涅槃雪(ねはんゆき)ですって。へえ。

涅槃て…そんな思い入れちゃう?と感じるのは、まだまだ甘いんでしょかね。甘いんでしょうね。人生の酸いも甘いもわかってないに違いない。

東京の終雪が4月の事もたびたびのようで…まだ降るかもしれませんが→気象庁天気相談所作成データ

 

半月の自制オンパレードが過ぎ…更なる月末までのお休み(まあ、主に子供の習い事ですけど)延長が決定して、さすがに鬱々としそうになった週末でございました。おっとうっかり堕ちるとこでしたよ。堕ちませんよ。堕ちてたまるか。

レッスンは、普通にしています。その他の事が(コンクール対策とかコンクール対策とか)お猿のようなチビ2匹が暴れまわっているので、何もできません。夏休みかコレは。

私のお教室では今のところ1割弱がオンラインレッスンを希望されています。これは多分、ご自宅のピアノ環境事情に寄るものが大きいかなとは思いますが。

 

それでも、ネグレクトだなと思いつつ本をチラ読みできるようになった事に、なんとなく救いを感じる今日この頃。

先崎学氏の『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』(文藝春秋)と

藤森かよこ氏の『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』(KKベストセラーズ)を読みました。

別に勧めているわけではなくて。1冊も読んでなかったわけでもなく。ただただ読めることに喜びを感じたって話ですが。

 

なんというか…30代前半まで。もっと若さや外見を磨く事に遮二無二なるべきだったんだわ〜と今になって気づく。人間中身が大事かと勘違いして(いや大事なんだけど。それに尽きるとも思っているんだけど)大した中身でもない若い時期に、外見を磨く事を疎かにしちゃいけなかったわね。と。私の10代、20代なんてどこを取っても全然お話にならなかったわ…

中年期を、必死に生きろと書いてあったので(笑)ホントか?引き続き…いや今以上にね、必死にがむしゃらになりたいと思った次第です。

 

みんなのこの努力が、早い終息に繋がりますように。

説得力がこれっぽっちもないけれど、よく寝てよく食べて、適度に動いてウイルスをはね返しましょう。

Dsc_1030

| | コメント (0)

2020/02/22

うめみつき、このめつき

今日の風は春一番だったのでしょうか。

如月は、梅見月とか木の芽月とか言うそうで。個人的にはコノメツキって響きがたまらんなと。

 

あまりにニュースを見ていないせいか、コロナに対する意識が甘すぎるのかもと気付きました。

いや、マスクをしないとかじゃなく…色々なイベントを中止にしたりとか、あれ?そうなの??と。

インフルの方が色々多いのに、今まで普通にやってたよね…と思って。でも、いちにちふつかテレビをつけてみて…あー。これはそういう風になるのが普通よねと思い。

 

ニュースを見ないのもあまりだけど、必要最低限見るだけでも大衆の空気?みたいなものに一気に押し流される感じがして。

ブレない人でありたいけれど、目の前の事にアップアップし過ぎて、なんだか感覚が仙人のようになってやしないかと恐々とするのでした。

 

楽しみにしていた講座を、コロナではなく、子供の通院で諦めなくてはならなくて、気持ちのやり場に困って中身のないブログまで書いてしまう始末。

折り合い折り合い。オトナオトナ。

Photo_20200229183208

| | コメント (0)

2018/09/27

くれのあき

やっと秋らしくなったかと思ったら、来週は10月なんですね…

夏があまりに破壊的だったので、身体を立て直すのに時間がかかってはいないでしょうか。 私、こないだ生のプルーンを食べたら持て余しているイライラがいっとき消えてビックリしました。 なんだ鉄分で解決するのかと。いや、しないけど。鉄分大事。信じる者は救われる。 よく寝てバランス良く食べて、秋のうちに元気を養ってくださいねー。 1年ほどかけて、2〜3ヶ月間隔でバッハシンフォニアの赤松林太郎先生講座を受講しまして。 いや、本当に素晴らしかった。 楽しくて知的なお話と、1フレーズで涙が出そうな説得力ある演奏で。 指導者のあるべき姿勢もひしひしと感じて毎回力をいただいて帰ってくるという、幸せな時間をありがとうございました。 同時に、バッハがどうしてこんなに人を魅きつけるのかと。昨日の最後の講座ではっとさせられたのでした。 曲そのものが、もう人生なんだと。生きていること、そのものを描いてるからこんなにも奥深くて共感できるんだと思った次第です。 もちろん調性のお話やアーティキレーションやら、テーマがTーDーT(+D)で出てきて…だのだの色々濃い濃いの内容だったのですが やっぱり、ピアノをかじっているなら絶対バッハを学び続けるといいよな…と改めて思った最終日でした。バッハ弾いてりゃ絶対ボケないって赤松先生もおっしゃってました(笑)もう絶対!コレほんと。 20代から30代にかけて、ショパンエチュードをなんとか通して離さずやってきて、やっととりあえずのゴールが見えてきて…さて次はどうしようと思っていた所なので。 平均律にしようかな…と心が決まった感じです。変わるかもしんないけど。 発表会が〜近づいてくる〜 こんなに生徒さんが少ないのに、なんでこんなに苦しいんだ〜 Photo_20200229183301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧